中国語方言の北方と南方訛り

中国語の方言を大きく二つに分けるとすれば北方と南方です。

 

どこで分けるかという線引きは中国の大きな川「長江」の北と南で分けるという説があります。

 

北方と南方では言葉だけでなく性格や顔だちまで違うといいます。実際に会ってみたり映像を見るとなんとなくの違いがわかってきます。話してみるとこれもなんとなくの性格の違いもわかってきます。

 

言葉の訛りという点でいうと大きく違うのはこれです。

 

北方
R化音する

 

北京や中国の東北地方の人は巻き舌で話します。日本には吉林省や遼寧省から来た人が多くいます。「また大連の人だ」ということもよくあります。この人たちが早口で巻き舌で話すと同じ中国語でも何を言っているのかわからなくなります。この巻き舌こそR化音です。

 

南方
R化音しない

 

それに比べ上海や広東省の人の中国語は比較的聞き取りやすい傾向にあります。この中国語は普通話のことです。上海語や広東語のことではありません。2つ以上の言葉を使い分けしかもそれが第二言語であるときは聞き取りやすいです。北方の人と比べてもR化音しません。こちらの方が教科書通りのスタンダードの中国語に近いので中国人から見れば外国人である日本人が聞くときには聞き取りやすくなります。

中国語の方言で出身地がだいたいわかる

まずは巻き舌かどうかで中国の出身地がだいたいわかります。そこから質問していくといいでしょう。

 

中国語の方言は話すきっかけになります。これで会話を弾ませコミュニケーションをとっていくといいでしょう。

 

日本人も出身地を聞きたがりますがこれは中国人でも同じです。

 

ただ面積が広いので最初に地図を把握しておくとスムーズです。

 

関連記事:中国語方言の数

ページの先頭へ戻る