台湾語は中国語の方言なの

台湾語は台湾南部を中心に話されている言語です。中国語の方言かどうか考えるときにこの言語のルーツを考えればわかってきます。

 

資料を読んでいると台湾語のルーツは福建語だということがわかります。

 

台湾語が気になっている人の中で福建省に行ったことが無い人は福建省が中国のどの辺りにあるか地図で確認しておきましょう。台湾に近いことがわかります。

 

台湾

台湾語と福建語の歴史

まだ飛行機が無い時代は船で海を移動していました。その昔中国大陸から台湾に渡ってきた人がいます。その多くの人は台湾に近い福建省の人たちでした。

 

その次代の福建省の人は文化とともに言語も台湾に運んできました。農業技術も発展したといいます。人の移動は文化の移動、文化の移動は言語の移動でもあるんですよね。

 

台湾語が福建語に似ているのはこういった歴史があります。

台湾語と現在台湾で使われている中国語

台湾語と現在台湾で使われている中国語は違うのかという疑問を持つ人も多いですよね。これは答えから言うと違います。

 

現在台湾で使われている標準語は中国語の標準語である普通話です。

 

基本は北京語と同じです。ただ台湾ぽい発音があります。なので日本では台湾中国語と呼ばれることもあります。

 

この台湾中国語と北京語の違いは日本語の方言レベルの差くらいです。日本の中の関東と関西の方言の違いくらいです。

 

なのでどこの出身か違いがわかっても聞き取れないレベルではなくお互い言っている発音を理解できます。

 

中国語の方言と言っても範囲も広く違いも日本の視点が当てはまらないんですよね。

 

関連記事:中国語方言の違い

ページの先頭へ戻る